비빔밥세계화사업단 홈페이지에 오신것을 환영합니다.


스킵 네비게이션


ビビンバの話

ビビンバの由来

문서위치

ビビンバは平壌冷麺、開城湯飯とともに朝鮮時代の三大料理だった
ビビンバはコルドンバンと記録されているが、朝鮮初期の世祖(1455~68 在位)の時代の人物に係わる記録からコルドンバン(骨董飯)という表現が確認されており、その存在が早くから確認されている。ビビンバがハングルで言及されている文献は1800年代末の是議全書で、この文献にはビビンバが부빔밥(ブビムバブ)、골동반(コルドンバン)と記録されている。コルドンバンのコルは交ぜるコル、ドンは保存するという意味の漢字で、コルドン(骨董)とは色々なものを一緒に交ぜることを言う。それで骨董飯とは、すでに炊いておいたご飯に色々なおかずを交ぜて混ぜるということを意味する。

ビビンバの名称の変遷
骨董之飯 : 朝鮮23代の王である純祖の時代に、ホン・ソクモが書いた東国歳時記(1849年)の霜月編に骨董之飯と言う言葉がある。
ブビムバブ : 両班家の料理本の代表で、作者未詳の筆写本である是議全書(1800年代末頃)にブビムバブと記されている。漢字の汨はみだすと言う意味で、董は混ぜると言う意味があり、汨董とは色々な物を一つに混ぜることを言う。パン・シニョンの著書である朝鮮料理製法にはブビムバブと書かれている。これは1917年に初版が発行されて以来、1939年まで増補9版が出た本だ。
ビビンバ : 現在はビビンバという名称で使われている。このように文献上で見る時、ビビンバの名称は様々に変わってきたが、ご飯に色々なおかずを混ぜて食べるという意味は変わっていない。材料は1800年代と1900年代の100年間では差が大きい。100年間の食材の生産の増加はもちろん、韓国料理が完成された時期だと言っても過言ではないと思われる。しかし、ビビンバの由来についてはいくつかの説が伝わる。
  • 宮廷料理説
    朝鮮時代の王の食卓の意味を持つスラ(水刺)にはヒンスラ、パッスラ、オゴクスラ、ビビムなどの4種類があるが、ビビンバはお昼や宗親が入宮した時の食事だったという説。
  • 儀礼料理説
    伝統社会で行われてきた多様な祭祀や儀式の時に供えられた料理を氏神などとともに分けて食べるという神人共食の儀式から由来したという説
  • 農繁期料理説
    農繁期には一日に何度も食事をするが、その度ごとに多くのおかずを準備することが困難で、またたくさんの器を持って行くことも難しかったので、器一つに色々なおかずを混ぜて食べるようになったことから由来したという説

    [チェ・スンボムの乱録記]には、このような農繁期の全州ビビンバの由来がよく描写されている。

    「山と野と海がすべて揃っている全羅道の食べ物は、三ヶ所からとれるものを集めたもので作られるのは当然のことだ。農繁期に農家の奥さんは畑にご飯を頭にのせて運ぶ時、家中のかごを全部集めておかずの入ったお皿を運ぼうとしても、それをどうして運ぶことができようか。そこで思いついたのが、大きな器にご飯を盛って、おかずをその上に色々と盛り、コチュジャンを一皿、匙を揃えて行くなら、あぜ道でも簡単に歩いて行くことができ、田畑の上、空の下の野外食卓が広がったものがビビンバだとしたら、メニューの合理化だとしてこれを賞賛するものだ。」

    まさに全州ビビンバは、農耕文化にその由来をあげることができる理由だ。

  • 大晦日料理説
    大晦日に新年を迎えるためにその年に残った食べ物をなくそうと、残ったおかず(ナムル)とご飯を混ぜて食べたというところから由来しているという説

리뷰 네비게이션